Contact lens

コンタクトレンズ

ここではコンタクトレンズの種類や違いの比較、用途に応じたレンズの選び方などを紹介したいと思います。

1.ハードレンズとソフトレンズの違い

ハードコンタクトレンズ ソフトコンタクトレンズ
乱視矯正力 殆どが可能 ない
(乱視用のみある程度あり)
角膜異常発見 早期発見されやすい 軽度のものは症状がなく、発見が遅れ重症化もある
耐久性 個人差があるが2~3年くらい
ケアがよければ経済的
1~2年
アレルギーのある人は短め
スポーツ 激しいスポーツには不適 適している

2.目の状態による適正な選択

(1)乱視の強い人 ハードレンズが良いでしょう。
(2)乱視が軽度の人 ハード、ソフトレンズとも可能ですが、ソフトレンズには限界があります。
(3)左右差のある人 メガネに比べ、コンタクトレンズの良い適応です。ハード、ソフト共に可能です。
(4)アレルギー性結膜炎、
花粉症のある人
レンズが汚れやすく、この汚れによるアレルギー性結膜炎の悪化があり、慎重な選択が必要です。
1日使い捨てタイプを第一選択とします。また定期検査により1日タイプでも汚れやすいためシリコン素材、他の素材の選択が必要な場合があります。
(5)ドライアイ、
近方作業の多い人
アレルギー性結膜炎を合併しやすく、(4)と同じです。
充血しやすく人工涙液点眼、短めの装用を心がけた方が良いでしょう。
(6)目の長期の安全性、
健康維持を優先する人
管理が大変と思われる方はメルスプランが良いでしょう。
いつもきれいなレンズを管理してくれるシステムだからです。

3.使い捨てレンズ

 試用期間後のご購入となります。詳しくは窓口にご相談ください。

1日使い捨てタイプ 2週間使い捨てタイプ
ケア なし 毎日ケアが必要
合併症 最も少ない 少ない
適応 すべての人に適応 アレルギー・ドライアイ の人は慎重な装用が必要
種類

サークルレンズ 乱視用レンズ 遠近両用タイプ

4.取り扱いメーカー(順不同)